読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙を歩く高校数学 基礎

中身は高校数学(ⅠA・ⅡB・Ⅲ)の教科書レベルでの解説をしていきます。

必要条件・十分条件【数Ⅰ】

必要条件・十分条件

結論からいきましょう。このようにいいます。

f:id:mathematics-for-universe:20170517225455j:image

必要条件⇒十分条件 です。

 

よく分からないと思いますが、例題を通して見ていきましょう。

f:id:mathematics-for-universe:20170517230902j:image

両方向の矢印について考えます。

f:id:mathematics-for-universe:20170517231931j:image

 

一言で言いましょう。

矢印の向きで考えるのは分かりづらい

そして間違えやすいです。

なのでこれで覚えましょう。

f:id:mathematics-for-universe:20170517232629j:image

遠回りっぽいですが、こっちのが圧倒的に楽です

例題でやってみましょう。

f:id:mathematics-for-universe:20170517233045j:image

A∩Bのとき必ずaとbは偶数だと分かったのでA∩B={1, 2}の集合が内側に入ってます。

反例があるので「a, bともに〜」の集合が内側に入ることはありません。

という訳でこのような図になります。

 

あとはゴロの通り!

 

どうです?

見た目で十分条件か必要条件か判断しやすくないですか?

 

このブログを見た方は是非この考え方を忘れないでほしいです。

 

 

それでは今日はこの辺で。さようなら。